聴覚障害のある方は、非常時の影響を想定し、防災計画を立ててください。New Zealand Sign Language (手話協会) が役立つアドバイスや動画を提供しています。

非常時の警報、情報、アドバイスを確認する手段

  • 民間防衛情報とアドバイスはラジオ局やテレビ局が放送。支援ネットワークの関係者に警報と情報の連絡を依頼する。最寄りのCivil Defence Emergency Management Group (民間防衛緊急管理グループ) や自治体に警報システムについて問い合わせる。
  • 非常時の連絡用に隣人や支援関係者に自宅のカギを渡しておく。
  • 障害の種類に適した警報システム (警報と共にフラッシュライトが点灯するなど) を設置し、12カ月ごとに電池を交換する。
  • 非常用持ち出し袋の中に筆談用の筆記具と懐中電灯、乾電池を準備する。
外部連結
Civil Defence logo

最寄りのCivil Defence Emergency Management Group (民間防衛緊急管理グループ) を検索できます。

外部連結
Deaf Aotearoa New Zealand logo

Deaf Aotearoa (ろうあ者協会) は聴覚障害のある方向けのサービスを提供しています。

手話協会の動画「災害とその備え」

外部連結

ニュージーランドの手話で災害や緊急事態について説明した動画をご覧ください。