災害は予測できませんが、災害に備えることはできます。まず、ご家庭の備えから始めましょう。ご家庭をより安全にするためにどんなことができるか、以下の説明をお読みください。

家庭内の安全対策

非常時の人や家屋への被害を軽減できるようにしましょう。

  • 縦長の重い家具類は金具やバンドで固定する。
  • 重くて壊れやすいものは棚や食器棚の下段へ移す。
  • 壁掛けの額縁や鏡は釘1本で留めずに、適切なフックを使用する。
  • ガスや水道管の元栓と配電盤のある場所を確認する。
  • レンガやコンクリート製の煙突は、地震の揺れで崩落する危険がある。 煙突の耐震補強については、Earthquake Commission (地震委員会) の公式サイトを参照のこと。 
  • 独立基礎の家屋は、基礎の状態、ならびに基礎と家屋の接続状態が良好かどうかを確認する。

2021年2月にNew Zealand's Residential Tenancy Act (住宅賃貸法) が改正され、借主による地震対策がしやすくなりました。賃貸物件に住んでいる方でも、家主や管理会社の承認を得れば、様々な地震対策を講じることができます。

外部連結
Earthquake Commission logo

Earthquake Commission (地震委員会) の公式サイトは、自宅でできる地震の備えを紹介しています。

損害保険の確認

建物・家財に保険をかけておけば、被害にあっても生活の立て直しがしやすくなります。民間保険会社の火災損害保険を含む損害保険契約 (ほとんどが火災損害保険を含む) に加入すれば、自動的に地震委員会のEQCover (地震補償保険) の補償も適用されます。

保険契約は定期的に見直してください。

  • 見直し時のチェック項目:
  • 補償内容 (補償の対象、対象外)

災害後の家屋の建て直しと貴重品の買い替えに十分な補償額かどうか自然災害にあった場合、被害状況をできるだけ多く撮影したうえで取引先の損害保険会社に保険金を請求します。保険会社は請求に基づいて被害を鑑定し、保険金支払いまでの一連の手続きを管理します。その際は、地震委員会のEQCoverについても損害保険会社が手続きを代行します。